沖縄のトラックの手順と方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

沖縄でトラックを高価買取してもらうには

沖縄県のトラックなど貨物車両の保有台数は約20万台です。この数字は決して多くはない数字ですが、乗用車や軽自動車を含む自動車保有台数の合計に対しての割合が20%近くあり、全国的にみても多い数字と言えます。

ちなみに自動車保有台数が愛知県の530万台に対し貨物77万台の約14%なんです。

それほど都市開発や工事事業が盛んと言えます。

沖縄県以外でも現在、国内では東京オリンピックや大阪万博など公共事業が多く、その工事を請け負うのが地元建設業者では足りず、地方から依頼されることも多いのです。

建設業者が少ないだけでなく、トラックや重機が足りないのも現状です。

そんな全国的にトラック、重機が不足している状況であれば中古のトラックや重機を売るとなると無条件で高値が付くのは間違いありません。

しかし、高値が付くトラック、重機だからこそ相場以上に高く売る方法や手順をしっかり把握する必要があるのです。

これからトラック、重機、バスなど大型特殊車両の正しい売り方を解説していきます。

トラックの査定価格

トラックを売る際はそのトラックの仕様を確認しましょう。その仕様が査定価格を大きく変動させていきます。
例えば
ディーゼル車orガソリン車
何人乗りなのか
オートマorマニュアルか
エアコン付きか無しか
最大積載量は何tか
荷台は平床か
などなどトラック特有の仕様があります。

トラックの買取り相場

査定に出す前に買取相場を把握しておくことが適正な買取価格なのか疑問を持たずに済みますし、希望買取価格を設定することが出来ます。
おおよその買取相場や下取り相場を知っていても、それは国内の相場の話が多く、海外ではさらに高く取引されていることもあります。
国内の中古トラック相場と海外の輸出相場の両方をしっかり把握しておきましょう。

トラックの買取り年式

トラックの年式に関しては一般の買取と同じように新しければ新しいほど高額査定が期待されます。
しかし、乗用車で言えば15年経過すると一般的には廃車扱いされるのに対し、トラックの年式は30年前のトラックでも数十万円の買取価格が見込まれますし、大型になれば100万円代も見込めます。
新車販売価格からすれば値落ち率は驚異的な数字と言えます。

トラック の車検と買取

トラックなど貨物車両は1年車検です。走行距離が1年あたり10万km走るトラックもあり、そのほかの使用頻度の老朽化を防ぐためでもあります。
車検が近づくにつれ年式や距離などを理由に買い替えを検討する業者さんも多いはずです。
そこで疑問となるのは車検がついていたほうが査定価格がプラスのなるのかということだと思います。
実際にはさほど影響はありません。というのも貨物車両の車検費用の大半は重量税や自賠責保険料であり、乗用車と比較しても安いのです。
問題は車検の有無ではなく機関的な消耗や故障箇所がどれくらいあるのかということです。もちろん買取する業者もトラック専門の業者ですから、ディーラで修理することよりも安く見積もれるはずです。その分が査定価格から引かれるだけなんです。

トラック買取のコツ

トラックの買取するコツは複数の専門業者に査定をしてもらい、比較することです。トラックは全国的にも不足しているため、業者からするとのどから手が出るほど欲しいのです。

トラックのメーカーや車種、タイプにもよりますが、中小企業の建設業者は事故や修理などでレンタルすることも多く、そのレンタカー業者はメーカー、車種、タイプはさほどこだわりはありません。
トラックの中古車市場では相場は低くてもレンタカー業者では需要が高いこともあるのです。
それらを踏まえると、トラックの買取りのコツは目線を幅広く見ることです。トラックの中古車市場やディーラーの査定基準だけを参考にしてしまうと希望金額以上で買取してもらうことはできません。

トラック 買取 実績 高額 術

トラックを高く買取してもらうための高額術というのは具体的にはありませんが、トラック買取業者の実績を調べることが前提となるでしょう。
トラックにも様々な形状やタイプがあります。トレーラーなど大型トラックを中心に買取する業者であれば実績はあっても1トンクラスのトラックやバンは高額査定は見込めないでしょう。
また、トラックの年式や状態が古ければ海外を視野に入れることも大事であり、海外へ輸出する業者へ買取をしてもらうことが高額術といえます。
このように、同じトラックでもその分野の専門業者へトラックを買取してもらうことが高額術となります。

トラック 買取 専門

トラック買取の専門業者とは文字通りトラックや大型バス、重機など主に貨物車を専門に買取や販売を目的とする業者のことです。
貨物車は乗用車と車の規格が異なるため車検の年数や費用。自動車税や保険料などの違いがいくつもあるため、専門知識が必要となります。
特に買取に関しては貨物特有のエンジン(ディーゼル)の規制があり、一般的(乗用車)な買取店ではわからない点がいくつもあります。
そのためトラックなどの貨物車はあとあとのトラブルを防ぐために専門店に買取をしてもらう必要があります。

買取り業者の比較の重要性

トラックの買取りに限らず、やはり比較は高価買取のための必須となります。
トラック買取の専門業者は全国に多数在りますが、全国対応するトラック買取業者は数社の絞られます。
また、その中でも大型トラックのみや重機、バスは不可など各社条件が異なります。
そういった条件を省き、高価買取が見込めるトラック買取業者と比較することが高額査定への近道となりますので実際に比較してみましょう。

 

沖縄で廃車はコチラから

 

SNSでもご購読できます。